弾き語りアーティストがライブのギャラをもらえるようになる方法

更新日:

プロ志向であろうとなかろうと、自分でお金を払ってのライブを続けるのはつらいですよね。

お客さんをチケットノルマ以上に呼べるようになったとしても、「ノルマがある」というだけで先進的にすり減ります。

お金を頂いてライブをして行く方法は簡単です。ギャラの出るライブしか出なければ良いのです。ただ、そこにたどり着くまでの道のりがわかりませんよね。

僕がギャラを頂いて弾き語りライブができるようになった経緯をお伝えします。ぜひ、あなたの音楽活動のヒントにしてください。

ギャラをいただいて音楽をするには、まず気持ちを変える

「好きなことで稼ぐ」ということに罪悪感を覚える方が多いみたいです。僕の周りのミュージシャンにも、素晴らしい音楽をやっていながら、ギャラを頂くことに慣れていない方が多々います。これでは、ミュージシャンの質も、地位も上がらないなぁと悲しくなります。

すばらしい演奏の対価として「お礼(ギャラ)」があるわけですから、素直に”ありがとう”と受け取るだけだと思うのです。気持ちの問題です。

”お金の為の音楽じゃない”という気持ちを捨てる

「音楽はお金の為じゃない」、口でそういう言う人はたくさんいます。ですが差し出されたギャラを断る人はほとんどいないでしょう。ライブには移動費もかかりますし、機材や音源の制作費などもかかり、少しでもお金をもらえると本当にありがたいものです。

お金の為じゃない気持ちはよくわかります。しかしお金を受け取らないからどんなライブをしてもいいのでしょうか?お客さんのことを考えずに自分だけが気持ちの良いライブが出来ればよいのでしょうか?

人前で歌う以上、お客さんあってのライブです。一生懸命歌ってお客さんが喜んでくれた。その対価としてギャラを受け取る。至極まっとうな感謝のカタチですよね。僕は「ライブのギャラは当然受け取るべき」と考えて歌っています。ギャラを受け取ることで、絶対にお客さんを満足させるぞ!という強い気持ちで音楽と向き合えます。

「お金の為じゃない」という方は、きっとお金にガツガツしている印象を持たれるのが嫌なのでしょう。しかし、ライブの主催者にしてみれば、お金を取って、しっかりお客さんを喜ばせてくれた方がよっぽど良いのです。お店や主催者の方も、素晴らしい演奏には気持ちよくギャラを支払ってくれますからね^^

まずは、ギャラを頂くことに罪悪感を覚えないことから始めましょう!

ただ、本当に慈善事業で音楽をやっているのならば、それは大変すばらしいことです。

自分の音楽を過小評価しない

自分の音楽を過小評価してしまう人は、なかなか「ギャラが欲しい」なんて言えませんよね。それこそが負の連鎖の始まりです。「自分はギャラを頂いて歌うアーティストなんだ」という気持ちが無ければ、ギャラを頂くことにプレッシャーを感じてしまいます。

ギャラを頂くアーティストが偉いとかそういうことではありません。自分がやりたい音楽活動ができていることが大切です。少しでも音楽活動の足しに、ギャラを頂きたいと思っているのなら、その気持ちに背を向けるような活動はしないでください。

日本人は特に、稼ぐとかお金を頂くことに対してナーバスになる傾向があるようです。一生懸命歌って、お客さんを喜ばせることができた。その対価としてギャラを頂く。実に素晴らしいと思います。

まずは、自分の音楽を信じていない人には到底できない音楽活動ですよね。いきなり明日から信じなさいといっても無理でしょう。自分の音楽を信じるには実績/自信が必要です。ファンがいるという実績です。喜んでくれる方がいるという自信です。

つまり、ファンを作るには、ファンに喜んでもらうにはどうしたら良いのでしょうか?これは本当に難しいのですが、まずは自分が一番楽しむことですね。これを忘れてファンのためだけに音楽をしても面白くも何ともありません。自分が一番自分の音楽のファンでなければ、音楽はつづきません。

ギャラを頂けるライブを増やすには

ギャラを頂いてライブをするならば、一番大事なことがあります。「ギャラをいただいてライブをしたい」という気持ちをキチンと口や態度に出して活動することです。そうすることで「あの人のライブを見るにはお金がかかるんだ」と思ってもらうことが大切です。

お金がかかるなら、ライブの依頼をするのはやめておこう・・・と思われるのなら、まだまだあなたの実力が足りない証拠です。

お金を頂きたいという事を口や態度に出して活動すると、お客さんの素直な反応が良くわかります。お客さんがお金を払っても良いと思えばライブに来てくれます。逆にあなたの音楽にお金を払う価値が無いと思う人が多ければ、あなたのライブは閑古鳥が鳴くでしょう。お金が絡むと、お客さんの反応はわかりやすいですね。活動のバロメーターとなります。

ギャラをもらう最初のライブまでの道のりは長いかもしれません。しかし不思議なもので、それからは意外ととんとん拍子にギャラが発生するライブが続くでしょう。周りがあなたの音楽を認めてくれるんですね。

お金を払いたくなる音楽をやっていれば、自然とギャラの出るライブは増えます。

どんな音楽・ライブならお客さんはお金を払ってくれるのか

一口に”良い音楽”、”良いライブ”といっても一筋縄の努力ではこの域に達することはできません。ただ歌を作ってライブを重ねているだけでは、まったく戦略がありませんからね。

まず、自分で”良い音楽とは”、”良いライブとは”の答えを良く考えることは大前提として、僕がこれまで実践してきた方法をお伝えします。同じことをして成功するかはケースバイケースですが、効果はあるはずです。

  • 自信を持って歌う
  • カバー曲も歌う
  • MCを面白く
  • 礼儀正しく

それぞれの項目について掘り下げてみましょう。

自信を持って歌う

ステージに立つ以上、お金を受け取っていようがノンギャラの出演だろうがあなたはアーティストです。ひとりのアーティストとして自信いっぱいに歌いましょう。ステージに立つものの最低限の心構えだと思っています。

自信なさげに、申し訳なさそうに歌いながら

こんな曲を聞いてくれてありがとう

なんて言っちゃう出演者をたまに見ます。あれ、自虐のつもりかもしれませんが、お客さんに対して失礼ですよね。お客さんの大切な時間を、あなたの音楽を聞いてくれる時間に使っていることを忘れてはいけません。

「下手がなんだ!俺は一生懸命歌うんだ!!」くらいの自信を持ってステージに立ちましょう。自信を持ったからといって、横柄に振る舞ってはアウトですよ。謙虚さを失っては、人は近づいてきてくれませんから。

カバー曲も歌う

ひとりのアーティストとしては、自分のオリジナル曲を聞いてほしいですよね。そのために音楽をやっているようなものですから。

僕も、カバー曲で注目を集めるのは本当に嫌でした。オリジナル曲で勝負したい!オリジナル曲を歌ってこその音楽活動なんだ!と思っていました。

もちろん、オリジナル曲だけでの活動でも成果を出せるアーティストもいます。しかし、カバー曲のパワーって本当にすごいんですよ。あなたのことを全然知らない人たちを、「あ、私の知らない曲を歌ってる♪」と振り向かせることができるんですから。

その延長で自分のオリジナル曲も聞いてもらう流れに持って行けば、ファンはどんどん増えていきますし、物販のオリジナルCDも良く売れます。

カバー曲を歌うからプライドが無い、とかそんな話ではありません。有名な曲の力を借りながら、あなたというアーティストを良く知ってもらうための入り口として、カバー曲に愛情をもって歌いましょう。世界が変わりますよ、本当に。

ライブで歌うカバー曲は選曲が超重要!あなたのファンはカバーで増える

ファンを増やしたいなら、ライブでカバーする曲を厳選してみましょう!

続きを見る

MCを面白く

芸人のようにお客さんを笑わせる必要は無いと思っていますが、それでも話の持って行き方は上手な方が絶対得です。

ミュージシャンは歌うのが仕事。あとは磨く必要はない。とか思ってるなら勘違いです。お客さんはステージ上のあなたの所作をすべて見ています。カッコよくてオシャレなら+20点。おしゃべりもまともなら+20点という加算方式ですね。減点が続けば、スッと席を立ってしまうことでしょう。

考えてみれば簡単で、あなたもつまらないライブの場にいつまでも居たくないでしょう?それと同じことです。

わたし、しゃべりが苦手で・・・

という方は、まずは話すネタくらい仕込んだ方が良いと思いますよ。そういったライブの流れを考えることも音楽活動のひとつだと僕は思います。曲間の手持無沙汰は、お客さんも同じ気持ち。お客さんと、なにか言葉のやりとりができるといいですよね。お客さんもライブに参加してるひとりなんですよ~と伝えられるやりとりが^^

ライブMC、何を話したらいいの?話に困らないテクニック

ライブMCはこう鍛える

続きを見る

礼儀正しく

礼儀って難しいですよね。

あまり”かしこまる”必要は無いと思いますが、それでも、お店の方や主催者、お客さんと礼儀正しく接することは大切です。

ライブが終わると、サッと自分の準備だけして帰っていくアーティストがいますが、あれはどうかと思いますね。移動の時間とかあれば仕方のないことですが。やはり関係各所に挨拶して、お客さんとも会話しながら、その日のライブを締めくくれるとベストでしょう。

ライブ後に話しかけてきてくれるお客さん、割と多いです。でも、人に話しかけるのって勇気が要りませんか?その勇気を出して話しかけてきてくれるんですから、しっかり対応しなければだめですよね。

僕はこのライブ後のお客さんとのやりとりから、次のライブが決まることが結構あります。「私の知り合いがこういう店をやっていて・・・」とか「今度新しいお店がオープンするからその”こけら落とし”に・・・・」とか「ライブに呼びたいんですが、どうしたらいいですか?」とか。

ライブ会場にいる誰かと話すのは、あなたへのチャンスだと思って謙虚に受け答えましょう。

中には、批判してくる人、自分の趣味の曲をリクエストしてくる人、下心のある人など色々います。そういう”うれしくない人たち”も含めてライブですからね。まぁ勉強になりますよ^^;

↓こちらの記事もおすすめです。

おすすめ
もっとライブがしたい!弾き語りアーティストが出演依頼を増やす方法

ライブに呼ばれたい!いろんな場所で歌いたい!そんなタイミングでお読みください

続きを見る

どこでライブをすればギャラをもらえるのか

僕の経験上、カフェ・喫茶店でワンマンライブをするのが一番です。僕もカフェで歌わせてもらうようになって、数珠繋ぎのようにあちこちのカフェでライブが実現しました。毎年呼んでくれるカフェもあり、本当にありがたいライブスペースです。カフェや喫茶店で歌わせてもらうメリットは非常に多いんですよ。

昼間のライブができる

夜出歩けない人を呼び込める。主婦の方や、ライブハウスのような地下にあって暗い印象の場所を好まない人はいますからね。明るく雰囲気の良いカフェは喜ばれます。

告知・集客に苦労しない

お店自体にファンが居て、告知もお店側でしてくれますので告知や集客を率先してしてくれて、本当に助かります。当然出演者のあなたも告知・集客はしますが、お店で手伝ってくれるのは心強いですよね。自分では呼べない客層を呼んでくれるかもしれません。

飲食付きライブができる

カフェならばケーキセットなどの定番メニューがあると思います。ケーキセット付きのライブで入場料2,000円程度にしてもらえば、お客さんはスイーツとライブ両方楽しむことができます。ライブハウスではこうはいきませんよね。お店の宣伝にもなります。お店=お客さん=あなた、みんなハッピーになれます。

歌えるお店の見つけ方はこちらの記事を参考になさってください。
➡「カフェ 喫茶店でライブをする方法 ライブハウスよりおすすめな理由

さいごに

カフェでワンマンライブができるのは才能がある人だけだと思われるかもしれません。たしかに、音楽を続ける才能、そして自分の音楽に妥協しない才能があると思います。

しかし、それは努力の結果であって、最初から持っているものではありません。スタートは一緒なのに、どんどん活動の幅を広げていくアーティストと、いつまでもお金を払ってライブをしているアーティストの違いは「考え方」そして「戦略」です。

歌うことの対価としてお金が欲しいという気持ちに前向きになり、それはお客さんやお店に喜んでもらうことだと認識してください。そこからあなたの本当の音楽活動が始まると思いましょう^^

お金を頂いて歌うようになると、「お金を頂く」という責任感が芽生え、一層音楽活動に力が入ります。そしてなにより、お客さんを喜ばせることにより多くの意識が向きます。練習にも身が入りますよね。

カフェにはライブの機材が無いことがほとんどです。自分のアンプやマイクは用意する必要がありますね。自分の機材を持っていると、本当にどこでもライブが出来るようになりますのでオススメします。

あなたにおすすめの記事はこちら
➡「アコギ弾き語り用アンプのおすすめ機種6選!選び方のコツと必要な機能

➡「弾き語りアーティストならマイ・マイクを持とう!自分専用のメリット

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■ライブについて

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.