子供用アコースティックギター、私なら長く使える良いものを選ぶ

更新日:

「子供用のギターでおすすめは何ですか?」

そう聞かれたら、僕は「子供用ギターのおすすめ 弾き語りに適したアコギの選び方」で紹介した初心者ギターセットをおすすめするでしょう。

しかし、「自分の子供がギターを始めたいと言ったら同じものを買うか?」と言われると、買いません。長い目で見ると、初心者ギターは卒業して使わなくなる日が来るからです。

ギターは大切に使えば何十年も弾けます。長く使える良いギターを”30年ギターを弾いてきた自分の目線”で選びます。子供がギターを辞めてしまっても、自分で使えますしね。

ご参考までに、僕ならどんなギターを選ぶかを紹介します。

子供用アコースティックギター、長く使える良いもの

僕がギターを選ぶ基準は下記の通りです。

  • 品質が高い事
  • 弾きやすい事
  • チューニングが安定していること
  • 音が好みであること

弾きやすいギターというのは、ギターの作り込みがしっかりしていて、買ってすぐに無調整で弾き始められるようなギターです。

実際にはどんな高級ギターでも、自分に合った調整(弦高など)が必要になることがあります。しかし、安いギターほど弾きにくく、チューニングが安定しない傾向が強いのです。僕の長年の経験がそう言っています。数千円で買えるようなギターは調整すら無意味なギターも多々あります。

その点、国産でも外国産でも歴史のあるメーカー・有名メーカーはギターの作り込みがずば抜けています。ギターとは本来、品質が高くあるべきだと思っています。

僕が自分の子どもに選ぶなら、下記の中から選ぶでしょう。

子供に買ってあげたい高品質なミニギター4選

僕が信頼しているメーカーから、ミニギターを3本紹介します。どれも「ネック細く子どもでも弾きやすい」、「買ってすぐいい音がする」、「チューニング品質に定評がある」メーカーです。

TAYLOR(テイラー)

TAYLOR ( テイラー ) / Baby Taylor BT1E
TAYLOR ( テイラー ) / Baby Taylor BT1E

テイラーのミニギターシリーズ「Baby Taylor BT1E」です。テイラーはアメリカ産で、日本でも大人気ですね。ピックアップ内蔵でエレアコ仕様になっています。ピックアップの無いモデルもありますが、テイラーのピックアップは音が良いので有名です。あとからピックアップを取り付ける手間を考えると、最初からついているモデルが良いですね。

ミニギター、ギターメーカー各社からそれこそたくさんのモデルが発売されています。トラベルギターなどと呼ばれ、旅先に持って行けるギターとして、そして子供用のファーストギターとして根強い人気があるんですね。

同価格帯で有名なモデルが世界のMARTIN社のLXシリーズです。しかし、最初から音が抜群に良いのはTAYLORのほうです。両者を比べた動画がありますのでご覧ください。

私感ですが、TAYLOR BT1に比べるとMARTINのLX1は安っぽいシャラシャラした音に感じてしまいますね。MARTIN LX1だけ弾いているときっといい音だと感じると思います。しかしTAYLOR BT1の音が良すぎるんですね。MARTINの音の方がカラっとしていて好みの人もいるでしょうね。

Martin(マーチン)

MARTIN ( マーチン ) / Ed Sheeran ÷ Signature Edition
MARTIN ( マーチン ) / Ed Sheeran ÷ Signature Edition

Martinのエド・シーランモデルです。エド・シーラン、日本でも人気ですね!正直、あの体格でなぜミニギターをメインに弾いているのか謎ですが、見慣れると不思議と馴染みますね(笑)

さて、問題のエド・シーランモデルの音ですが、実際にお店で弾いたことがあります。Youtubeの動画等で紹介されているようなサラっとした音色で、あまり特徴のない音ではあります。ただ、このギター個体差があるのか、僕がお店で弾いた個体はもっと低音が出て、びっくりするくらいバランスの良い音でした。Martinは比較的ギターの個体差が少ないメーカーだと思っていましたが、やはりギターは作られた時期や選ばれた木などで音質が変化してくるんですね。

このギターをおすすめする理由は弾きやすさです。この辺りの品質を、20万円台のレギューラインのギターと併せてくるあたり、「さすがMartin!」と唸ってしまいました。また、子供の喜びそうなデザイン(シンボルマークなど)で、カッコいいですよね^^

GUILD(ギルド)

GUILD P-240 MEMOIR

ギルドは渋いです!!MartinやGibsonといった往年のレジェンドギターとは一線を画すスタイルで、コアなファンを持ち続けるギルドですが、人知れずパーラーギター(ミニギター)を作っています。

ナット幅:44.5mmとあるので、子供の手にジャストか?と言われると若干ネックが太く感じるかもしれませんね。手の大きめの子どもにはピッタリかもしれません。

ヘッドがスロテッドヘッドという形でクラシックギターと同じ形状ですので弦交換がしにくいですが、なんともビンテージの風格がありますね。子どもがこんなギター弾いてたら度肝を抜かれます(笑)ファーストギターがギルドでした!なんて、末恐ろしいです^^;

音も、他のミニギターに比べ低音が出ており、音量は無いもののゆとりがある音がしています。個性的ですね!好きだなぁ^^

Breedlove(ブリードラヴ)

Breedlove / Pursuit P21E

ブリードラヴのギターというと、グラミー賞ギタリストのエド・ガーハードというイメージがあります。世界のトップギリストにも選ばれる品質の高いメーカーなんですね。ブリードラブのミニギターはかなり希少で、所有者も少ない為かYoutubeでも動画がほとんど見つかりませんね。

一件動画が見つかるのが上記のもの。おそらくプロの方の演奏かと思いますが、チューニングが・・・(笑)クラシック奏法でのプロモーションになりますが、音の良さが際立ってますね~。非常にバランスの良い音で「本当に中国で製造してるの?」と疑ってしまいたくなるような音です。

このギターもGUILD同様スロテッドヘッドにはなっていますが、反対側はスルーブリッジといって、弦を通すだけで交換できるタイプです。ブランドイメージはそれほど高くないですが、知る人ぞ知るメーカーです。ヘッドの形もカッコいですね~!


初心者ギターセットが2万円程度とすると、今回紹介したギターはどれも5~6万円代と大幅な金額アップですね。やはり品質を求めると、金額もそれ相応になります。。。また、ギターだけでは練習ができませんので、下記で紹介するギター周りのアクセサリーが別途必要になります。

ギター本体の他に必要になるギターのアクセサリー類

高品質なミニギターはアクセサリーのセット販売が無いのが残念ですね。必要なものをひとつずつそろえる必要があります。下記に、ギター弾き語りをするうえで必要になるものを列挙します。僕ならギターと一緒に揃えてしまいます。

ギタースタンド は適時必要なら。ギターは練習後はケースにしまった方が弦が長持ちします。転倒防止にもなりますので、ギタースタンドはギターを慎重に扱えるようになってからでも良いかと思います。

ギターを長持ちさせるコツ

品質の高いギターを購入したとしても、その品質を保つのは使う人です。弦やギターの金属部品は錆びてきます。弦の張力に負けて、ギターのネックが反ってしまうこともあるでしょう。ギターはただ買い与えるだけでなく、扱い方まで教えてあげるのが、モノを与えるものの義務です。

子供はまだまだモノを雑に扱うでしょう。いくら口で「大切に扱いなさい」といっても、大切の基準ができていないので無理な話です。

僕はギターを20年以上弾いてきましたので、メンテンナンス方法やギターの扱い方を教えられます。ギターを弾き終わった後、弦を緩めておく必要性も教えられます。あなたがギターの扱いに慣れていない、もしくは経験が乏しい場合はギター教室等でギターの扱いから習わせても良いでしょう。高いギターを与えるのなら尚更です。

ギターの大部分は木でできています。湿度や温度、そして日頃の扱い方でどれだけ長い期間良い音で弾けるかが変わってくるんですね。

さいごに

子供に安いギターを買って、レベルアップと共に徐々に良いギターに買い替えていくのが通常のギターの買い方でしょう。

しかし、長年ギターを弾いてきた者として、「やっぱり良いものは良い」と思うのです。ギターを知らない子供に高品質のギターが必要かどうかは、親の判断です。僕ならば最初から良いギターを使ってほしいなと思います。良い音のギターは耳を育てますし、弾きやすくてチューニングの安定度が高いのが当然という環境でギターを始めることができますからね。

僕自身、親に最初に買ってもらったギターが、クラシックのミニギターでした。やはり5万円くらいしたと思います。親もギタリストですので、色々吟味し、弾き比べて買ってくれたんだと思います。

子供の興味は刻一刻と変わりますので「ギターを弾かなくなってしまうかも」という不安はありますよね。高級機種を買うのはある意味バクチです。子供用ギター選びのひとつの考え方として参考になさってください。

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■ギターについて
-

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.