アコースティックギター弦の錆び対策 劣化を防いで長持ちさせる方法

更新日:

アコギ弦の錆(さび)、どのように対策してますか?

「弦は錆びるものだし、切れたら交換してるから」

たしかにその通りです。しかし、少し意識するだけで良い音を長持ちさせ、弦の錆び(劣化)を遅らせることができます。錆びたら弦交換すればよいだけですが、弦交換はいつまで経っても手間ですよね。そこで、弦の錆び対策と弦の錆びの演奏への影響をお伝えします。

アコギの弦の錆対策

アコギの弦を錆びさせずに、なるべく長くいい音を維持するには、下記2点を実践します。

  • 弦に付いた手の油(皮脂)の除去
  • ギターの湿度管理

「手の油(皮脂)の除去」と「湿度管理」この2点に気を付けるだけで、弦の寿命は数段伸びます。手の脂や汚れから弦が傷つき、サビが発生し拡散していきます。これを防ぐのが演奏後の弦の拭き取りと、ハードケースでの保管です。

演奏後の弦の拭き取り

ギター弦は、製造された瞬間から劣化が始まります。新品の弦をギターに張り、手で触っているだけでどんどん劣化していきます。手の皮脂や空気中の水分が付着し酸化してしまうんですね。この酸化を防ごうと作られたのがエリクサーを代表とする”コーティング弦”です。

弦を拭くのはギタークロスで良いでしょう。「ギターを弾いたら拭く」を癖にできるといいですね。演奏後、ギターのボディは念入りにクロスで拭く人は見ますが、弦を丁寧に拭く人はあまり見たことがありません。弦は演奏者が一番触れる場所なのに。

あまり弦までゴシゴシふく必要はないですし、弦をクロスで力強く拭くと、クロスが破れます。弦に付いた皮脂や

プロの方の場合は、ライブ演奏後の弦は捨ててしまう方が多いようです。あまり神経質に弦まで拭いている方を見たことが無いです。

ギタークロスはギターを買った時に付いてくるものですが、無くしてしまっている場合は用意しましょう。数百円のもので十分です。僕が使っているのは下記のものですが、手触りがよくおすすめです。ギターをゴシゴシ拭かれる方は特に下記のようなシリコンを含まない磨き上げ専用のクロスを使用するとギズが付きにくいでしょう。

フェルナンデス WCSポリッシング クロス

ハードケースでのギター保管

ソフトケースでなく、ハードケースにギターをしまう意味は、ハードケースはギター弦にとって苦手な水分を遠ざけることができるからです。(中には湿度管理が出来るハードケースもあります)。完全に空気を遮断することはできませんが、空気中の水分が弦に付くことを随分防いでくれます。実際にハードケースをお持ちの方は、練習後拭いてハードケースにしまってみましょう。弦の持ちが長くなることを実感できるはずです。

アコギは買った時にハードケースが付属のものと、ソフトケースが付属のものがあります。また、中古で購入した場合はケースが付属していないこともあります。

ハードケースは後から購入することも可能です。基本的にギターのメーカーと合わせる方が良いです。ギターがメーカー独自の形の場合、市販のハードケースが合わない可能性があるからです。

あなたのギターが一般的なギターの形であれば、ハードケーだけ購入することもできます。下記で紹介しておきます。通販で購入する場合は、かならずあなたのギターのサイズを確認しましょう!

ドレッドノート・OM用ハードケース

000(トリプルオー用)ハードケース

クラシックギター用ハードケース

ギター弦の錆は落としたりとってはダメ?

ギターの弦が錆びてくると、ティッシュ等で錆びを取ったり、サンドペーパーで錆びを落としたりする人がいます。サンドペーパーはさすがにひどいですね^^;削った錆びは鉄粉です。鉄粉が何かの拍子にギターのペグに入り込まないとも限りません。また、手に付いた錆びが口に入ることも考えられます。

鉄分は人間が活きる上で必要な栄養素ですが、適正な摂取量が決まっています。ギターの錆くらいで1日の鉄分摂取量が越えることは考えにくいですが、体質は人それぞれ。錆びの味は気持ち良いものではありませんからね。錆びてしまった弦に執着せず、新しい弦に交換しましょう!

錆びを取ってまで使うのは節約の為?

弦の錆びを取ってまで使うのは、弦交換が面倒だからですよね。弦代を節約したい思いもあるかもしれません。

たしかに、弦交換は慣れが必要ですが、早ければ6本全部変えても15分程度でできるようになります(チューニング時間含まず)。弦交換には慣れておいた方が絶対安心です。ライブ中につい力が入って弦を切ってしまうことはよくあることです。そんなときに「わたし、弦を1度も変えたことが無いの・・・」ではお話になりませんし、お客さんを待たせることになります。

こんなときは、慣れた手つきでサッと弦交換したいですね。

アコギ弦:交換時期の目安と弦の寿命を延ばす方法【初心者必見】

アコギ弦長持ちの秘訣と弦交換のタイミングを紹介します

続きを見る

アコギ弦のサビ:演奏にどんな影響があるの?

錆びたギターの弦は、下記のような症状が出ます。何も付いていなかったところに「錆び」という酸化物がつくわけですから、本来のギター弦と品質が変わってしまうのですね。

  • チューニングの安定度が下がる
  • 切れやすくなる
  • 音質が変わる

チューニングが不安定

錆びた弦のチューニングの安定度が著しく下がります。とくにチューニングは高フレットに行くほど合わなくなります。解放弦でどんなにチューニングを合わせても、7Fで弾くようなコードでは音がバラバラで気持ち悪い・・・そんな状態になります。

弦が切れやすい

錆びた弦を使い続けても「わたしは切れたことないよ」という方がいます。これは弾き方が優しいか、切れるまで劣化していないだけでしょう。ギターの弦は強い力で張った状態です。これが切れるわけですからけっこう危ないんです。

「ギターの弦が切れてケガをした」というケースはあまり聞きませんが、注意するに越したことはありませんよね。また、ライブ中に弦が切れることほどテンションが下がることもありません。”新しい弦なら切れない”ということはありませんが、少なくとも切れる可能性はずいぶん減らせるはずです。

ギターの音質が変わる

音質も変わってしまいますよね。弦を張り替えた時の煌びやかさがなくなり、こもった音質になります。「劣化した弦が切れる直前の音が好き」という方はいますが、自分の”好き”と弦が切れてライブ中にお客さんを待たせるのは同列で考えてはいけませんね。

 

「わたしはローコードしか弾かないから」と弦の交換時期を意識しない方もいますが、あなたも汚れた服を何週間も続けて着ませんよね?ギターも汚れてきたら変えてほしいはずですし、本来の良い音が出せません。

また、弾き心地にも違和感が出ます。すべりが悪くなったり音が詰まったり。これを解消しようと「フィンガーイーズ」のような潤滑剤をがんがんスプレーする人が居ますが、弦は滑るようになっても指板を傷めるでしょう。できれば、弦だけの塗れて指板には液が付かないタイプがおすすめです。

おすすめ
フィンガーイーズよりオススメ!ギターの指板潤滑剤の決定版

指板を傷めず、コスパ効果も高い「固形タイプの弦の潤滑材」を紹介します。

続きを見る

さいごに

弦交換はギタリストのエチケットです。

交換時期は、ギターの使用頻度や弦メーカー、弦タイプにもよりますが、どんな弦でも使い方で良い音を長持ちさせることはできます。弦交換が不得意な人は、「ギター演奏後の弦の拭き取り」と「ハードケースでの保管」を実践してみましょう。

いつギターを手に取っても生き生きとした音が出るのが理想ですよね^^ ギター弦にはどうしても寿命がありますが、日々のちょっとした注意で、気持ちの良い演奏ができることを忘れないでくださいね。

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■ギターについて
-

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.