エリクサーだけじゃない!おすすめのアコギ用コーティング弦【音・弾き心地◎】

更新日:

アコースティックギター用の長寿命コーティング弦として最も有名な「エリクサー」

エリクサーの登場で、各弦メーカーもこぞって”長寿命”、”コーティング”を謳う弦を開発・発売するようになりました。

面倒くさい弦交換も、弦の寿命が長ければ交換の頻度が減ります。コーティング弦は、ものぐさギタリストにはもってこいだったんですね^^弦革命だった記憶があります。

一般的には、コーティング弦=エリクサーというイメージですが、コーティング弦は色々あり、個人的にはエリクサー以外がおすすめ。アコギ弦選びの参考になさってください。

エリクサー以外のアコギ用コーティング弦おすすめ

ツルツルして違和感が多かったエリクサーもずいぶん改良され、長寿命弦No.1の地位を不動のものとしています。エリクサーがリリースされた当初は僕も使っていましたが、切れやすいことと、弾いているとコーティングが剥がれ、白い粉が出ることで使わなくなりました。(今はそんなことないんですけどね)

そんなこんなでエリクサーが評判を落としている間に、他の弦メーカーがこぞって優秀なコーティング弦をリリースしています。僕が使ってきた中で、これはイケる!普通の弦と遜色ない!!と思ったものをランキング形式で紹介します。

購入の際はゲージサイズに注意しましょう。エクストラ・ライト、ライト、ミディアム等があります。

おすすめコーティング弦No.3

MARTIN ( マーチン ) / MSP6050

MARTIN ( マーチン ) / MSP6050

マーチンのコーティング弦です。僕はフォスファーブロンズの弦は使わないのでブロンズ弦の紹介です。

大人しい音色の弦です。エリクサーはどちらかというと煌びやかな音色が特徴です。乗り換える際は、MSP6050のブロンズ弦との音色の差には戸惑うかもしれませんね。煌びやかな音が欲しければ、やはりフォスファーブロンズの弦がおすすめ。マーチンのコーティング弦でフォスファーブロンズはこちらです
マーチンのコーティング弦は、コーティング作業を外部に委託しています。CREATONE社というコーティング弦で有名なメーカーです。CREATONE社のコーティング技術には定評があり、特許技術のコーティングで通常弦の3~5倍、長寿命と言われています。

僕が使った感じでは、エリクサーより若干弦が死ぬのが早いかな?という気はしました。大人しい音が好みの人にはウケの良い弦だと思います。僕はピック弾きでハードに弾く楽曲も演りますが、この弦は演奏中に一度も切れたことがありませんでした。信頼度は高いですね!

マーチンギターに一番最初に張られている弦です。

おすすめコーティング弦No.2

DADDARIO ( ダダリオ ) / EXP11
DADDARIO ( ダダリオ ) / EXP11

ダダリオはエレキ弦が好みで良く使っています。アコギ弦は、他のメーカーより、同じゲージでもテンションがきつい感じがして、弾きにくい印象を持っていました。しかしコーティング弦を色々試している時に、このEXP11を張ってみて、非常にナチュラルな音と弾き心地に感動を覚えました。巷の評価が良いのがよくわかりました。

コーティング弦の特性上、どのメーカーでも、少し音が硬い印象があるのですが、このEXPの落ち着いた自然な音色は、本当にコーティング処理がしてあるの??と思うほどでした。寿命もたしかに3倍ほどは長くなったと感じ、一時期多用していました。

エリクサーがちょっとエレキ寄りの音なのに対し、ダダリオのEXPは、アコギ本来の音を忠実に再現するべく開発されたんだな、ということが良くわかる音です。昔気になっていた、他メーカー弦とのテンション感の違いもきになりませんでしたよ!

おすすめコーティング弦No.1

DR ( ディーアール ) / RDA-11

DR ( ディーアール ) / RDA-11

DRの弦は、海外では人気です。とくにDRのエレキ弦を使用中の海外プロは多いですね。アコギ弦でも僕の中では超優秀弦なんですが。。。DRはコーティングじゃない弦も非常に音が良いという印象を持っています。尊敬する先輩ギタリストにDR弦を教えてもらってから、僕のコーティング弦探しの旅は終わりました。好みかもしれませんが、ナチュラルな音色と、弾き心地がたまらんです^^

僕は今、メインで使っているギターにはマーチンの非コーティング弦を張っていますが、お金に余裕があれば、全部DRに変えたいところ。DRのコーティング弦に関しては、サウンドハウスで購入すれば、他メーカーと遜色ない金額で買えますね。Amazonだとめっちゃ高額になってます。

あまり情報が無いので、どんなコーティング技術が使われているのかわかりません。しかし、普通の弦に比べやはり3倍程度の持ちがあると感じますね。EXTRA LIFEの名に偽り無しといったところでしょうか。たくさんあるコーティング弦の中で、一番試して欲しい弦です。

さいごに

「錆びたら換える」が当たり前だったギター弦の業界にも、錆びない(錆びにくい)弦が登場して早10数年。

コーティング弦の使用も定着してきた感があります。メインギターの他に、ギターを複数持っているユーザーには、たまにしか弾かない弦にはコーティング弦がありがたいですよね。たまにしか弾かないギターでもいい音で弾きたいもの。コーティング臭さを消し、ギター本来の鳴りを再現する弦も増えてきました。技術の進歩はすごいですね。

コーティング弦はエリクサー、長寿命といったらエリクサーといった先入観を取っ払って、他社のコーティング弦もぜひ試してみてください。音質も持ちも素晴らしいエリクサーではありますが、あなたのギターにもっと適したコーティング弦があるかもしれませんよ!

弦メーカーは新製品が出るとモニターを募集しますので、新しい弦を無料で手に入れるチャンスです。弦の最新情報をよくチェックしてみてくださいね~。僕も気付いたらツイッターで流したいと思います。

あなたにおすすめの記事はこちら
➡「アコギ弦の交換の時期の目安は?弦の寿命を延ばす方法の紹介

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■ギターについて
-

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.