■ギターについて

子供にギターを弾かせたい親御さんに取り組んでほしいたった1つの事

コロナで外出が制限され、お子さんが家にいる時間にギターを弾かせてあげたいという親御さんが増えているようです。当Blogの子供関連の記事も多く読まれています。

親の思いと子供の思いが合致していればギターを始めることに支障はないのですが、親の「ギターを弾かせたい」という思いを子供が敏感に感じ取って「ギターを弾きたい」と言わせているとしたら問題です。そのようなモチベーションではギターは9割がた挫折します。

ギターは、始めた人の9割が1年以内に挫折すると言われている楽器です。続けることの難易度が非常に高いギターですが、我が子にギターを楽しんで取り組んでもらうにはたった1つの秘訣があります。今回はその秘訣について、実際に我が家で起こった事実を踏まえてお伝えします。

子供にギターを弾かせるには「楽しさ」が長続きする環境づくりが大切

子育て中の親御さんが痛感していることだと思いますが、子供は「楽しくなきゃやらない」ものです。結論から言うとここがポイントです。

我が子をよく観察してみてください。

あなた自身が楽しんでいること・興味があるものにたいして、お子さんも興味を示しませんか?きっと、「僕にもやらせて~」「私にもさわらせて~」と迫ってくると思います。子供にとって大人の世界は未知ですし、親が楽しんでいるものってすごく魅力的なんですよね。

僕は2児の父ですが、子供には楽器をやって欲しいと思っていました。「どうやって楽器をやらせよう」と考えて、子供用ギターやトイピアノ、打楽器などをまだ2歳に満たないころから準備していました。

ただ、楽器を「はい、どうぞ」と渡しても、楽しみ方がわからないんですね。そしてその楽しみ方を大人から教わっても響かないんです。楽器を与えて、楽器を弾ける環境を用意してもダメだということがわかりました。

では、どうするか?

冒頭に戻りますが、子供の「楽しそう・面白そう」を引き出すほかありません。そしてその方法は、「親自身が音楽(楽器演奏)を楽しむこと」です。

僕自身、ライフワークとして音楽を楽しんでいますが、時折ライブや練習に子供を連れて行くことがありました。ライブにしろ練習にしろ僕自身はめちゃめちゃ楽しんでます。そんな親を見て、子供は「自分もやりたい!触りたい!」となるわけです。理屈より感情なんですね^^

子供にギターを弾かせたければ、親のあなたがギターを楽しんでいる姿を見せればいい。

これが僕が出した結論です。親が楽しんでいる・笑っている・喜んでいるだけで子供の食いつきが全然違います。

そんなこと言っても、自分が弾けないから子供に弾かせたいんじゃないか

という声が聞こえてきそうですね^^;

しかし、「自分が弾けない」ものを子供にやらせるって酷じゃないですか?本来なら、「自分も音楽で救われたから子供にも音楽に触れてほしい」とか、「自分は音楽でたくさんの仲間ができたから、子供にも音楽でコミュニケーションを取って欲しい」とか、ポジティブな理由が先にありますよね。それを自分の挫折を子供でカバーさせるのは酷!!だと思っています。

先述の通り、ギターは挫折しやすい楽器です。しかし挫折の理由はほぼ1つです。「弾けるようにならなくて楽しくない」。この理由を解消すべく、僕はギターを始める前の方やギター初心者の方向けのセミナーを始めました。

ギターを始めたい方のためのオンラインギターセミナーの詳細

僕はギター教室等を通じて多くのギター初心者の方を見てきましたが、ほとんどの方がギターに関する知識不足の為にギターを挫折しています。これは非常にもったいない事だと感じていました。

たとえば、

  • 指が痛くて弾けない → ギターの調整で解消できます
  • 指が届かなくて弾けない → あなたに合ったギターを選ぶことで解消できます
  • 弾いている時間が無い → 15分/1日で大丈夫です

といった、挫折ポイントを事前にカバーすることで、「ギターって楽しい!!」をキープしたまま続けることができます。結局大人もワクワクや楽しさが重要ですからね^^

ギター初心者向けの教材は数あれど、ギターを始める前の方を対象にした教材は見たことがありません。そこで、僕の長年のギターに関する知見を活かせると思い、セミナーを開催しています。

ギターを弾きたい!というあなたの背中を押すためのオンラインセミナーです。僕はこういった活動を「音楽を通じて、豊かな生活を手に入れる人を1人でも増やしたい」という信念を持って行っています。

当セミナーにご興味のある方は、ぜひご連絡くださいね^^次回開催時にお知らせします。ギターを30年弾いてきた僕だからこそわかる目線で、お話しさせていただいています。

子供のためのギターレッスン教材

ギターは本来、ギター教室などでプロのレッスンを受けることが上達への確かなステップです。ただ、コロナ禍では3密(密閉・密集・密接)を避けながらの対面レッスンは事実上不可能です。

以前のような生活様式には戻らないと言われているコロナですから、状況が改善されるのを待つよりは、下記のような動画教材をうまく活用し、親子で一緒にギターを楽しめるといいですね^^

引用:sharewis

sharewis:「こどものためのギターレッスン - リトルギタリスト 3講座フルセット」

さいごに

コロナにより世界は大きな不安につつまれています。しかし、人々が立ち止まり、今一度自分を見つめ返す良い機会ととらえることも出来ます。

将来が見通せないこの状況では「ギターだ!音楽だ!!」という気持ちになりにくいことも理解できます。しかし、音楽の無限の可能性を知っている僕は「今だからこそ、やってみたいと思っていたギターに取り組んでほしい」と思っています。

音楽(楽器)の良い所は、情熱をささげた分だけ自分の成長となって返ってくるところ。

そんな”成長するワクワク”を大人でも子供でも感じてほしいのです。世界危機のこの状況で、芸術や文化は後回しにされることが多いですが、疲れた僕らの心を癒し・楽しませてくれるのもまた芸術・文化です。

ギターに興味のある方は、自分の手で芸術・文化に触れるチャンスがあるのですから、ぜひともギターを通じて「豊かな人生」を体現してほしいですね^^それが僕の願いです。地元でも「お子さんにギターを弾かせたいお父さん・お母さんのためのギター教室」みたいなのをやってみたいなーと思ってます!

こちらの記事もおすすめ☆

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

Copyright© Chord For Me , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.