あいみょんの使用ギター どこのメーカー・モデルのアコギ?

更新日:

最近気になって仕方ないシンガーソングライターの「あいみょん」 弾き語りスタイルの彼女の音楽は、世界観もさることながら、声とメロディが非常に素晴らしいですよね!

デビュー4年にして紅白初出場が決まった彼女の相棒とも呼べるアコギはどんなモデルか調べてみました。

あいみょんの愛用アコギは島村楽器ヒストリー


公式動画:あいみょん - 生きていたんだよな 【弾き語りMOVIE】

上記の動画で弾かれているギターが、あいみょんの相棒ギター:島村楽器製 HISTORY - NT-301というモデルです。島村楽器はギターメーカーではなく楽器メーカーですが、ギターのオリジナルブランドを持っています。

NT-301は現在廃版のようで、残念ながら新品での入手は不可。2018年の紅白出場で人気にさらに火が付き、今後彼女のシグネチュアモデルの発売などが計画されるかもしれませんね。

僕が見たNT-301のギターとしてのポテンシャルは以下の通りです。カタログも見つからないので、情報の寄せ集めと私感になります。

  • サークルフレッティングシステムにより、チューニング精度は抜群
  • シダー、ローズウッド材が多く使われているため、暖かみのある音が特徴
  • ボディ形状から、そこそこ音量はありそう
  • ピックアップからの出音はそれほど良くない

といったところでしょうか。あいみょんはこのギターの音に一目惚れして買ったそうですが、やはり自分の音楽に合う音かどうかは、ギターを選ぶうえで重要ですね。一生もののギターを持とう!ということでこのギターに出会ったそうです。

➡「一生ものギターとは?値段が高くてずっと使える高級アコギのこと?

あいみょんはストロークタイプの曲が多めなアーティストなので、立ってガツガツ弾くには、こういった抱えやすいボディがちょうどよかったんでしょうね。また、ギター自体もエレアコ構造になっており、アンプでも鳴らせるという即戦力ギターだったことも決めてでしょう。(個人的には、もっと良い音のピックアップを乗せて欲しかったですが)

➡「弾き語り用アコギにおすすめのピックアップ ギター本来の音を再現

島村楽器製 HISTORY

このHISTORY(ヒストリー)というモデルには、アコギだけでなくエレキギターのラインナップもあります。僕もエレキ弾きの時代にはゴールドトップのHISTORYテレキャスターを持っていました。タイムレスティンバーを使った、贅沢なギターでした。

HISTORYは島村楽器の自社ブランドだけあって、島村楽器にギターを見に行くと必ず店員がすすめてくるブランドです(笑)ですが、このブランド、本当にいい音がします。特にアコギは同価格帯の他のギターと比べると、パワフルで芯のある音だと感じます。買った状態だと若干弦高が高くて弾きづらいかもしれませんね。

ギターの製造自体は、ギター製造メーカーのフジゲンで作られているようです。本当の国産ギターなんですね。フジゲンはFender、Gibson、YAMAHAなど、世界に名だたるギターメーカーの製造や検品を受け持った実績がある信頼のメーカー。HISTORYギターもそこで作られているんですね。

何かあっても島村楽器に持ち込めば修理対応してもらえるのも安心です。

今後あいみょんに弾いてほしいギター

NT-301が廃版ということで、勝手ながら今後あいみょんに弾いてほしいギターランキングを作ってみました!本人には「ほっとけ!」と言われそうですが(笑)

第3位:Gibson

GIBSON ( ギブソン ) / J-45

GIBSON ( ギブソン ) / J-45

王道中の王道ですが、この色、ボディ形状、そしてGibsonのロゴがあいみょんにに合いそうですよね。あいみょんは身長161cmだそうですので、こういったJ(ジャンボ)シリーズのギターでも違和感なく弾きこなせそうなイメージがあります。

第2位:TAKAMINE

TAKAMINE ( 高峰 ) / TDP181AC WR
TAKAMINE ( 高峰 ) / TDP181AC WR

HISTORY NT-301同様、カッタウェイタイプのギターが好きそうなあいみょんには、TAKAMINEのシリーズも似合いそうです。TAKAMINEは国産最高峰のギターメーカーで、僕も岐阜にある生産工場にお邪魔したことがあります。フォークシンガーに使われているイメージの強いメーカーですが、世界中にファンのいる日本が誇る老舗ギターブランドです。

このワンレッドカラーもあいみょんに似合いそうですね。

第1位:GUILD

GUILD ( ギルド ) / D-55 LR Baggs Natural
GUILD ( ギルド ) / D-55 LR Baggs Natural

昔はマーチンもいや、ギブソンもなんか違う・・・という人がたどり着くギターがGUILDだと言われていました(ホントかよっ笑)。なかなかお目にかかることの少ないGUILDギターですが、個性派のあいみょんにぜひ鳴らして欲しいギターです。

このD-55はドレッドノートタイプと言われる大きなボディサイズのギターですが、miwaちゃんも、大きなギターを一生懸命弾く姿が印象的ですよね。きっとあいみょんにもドレッドノートタイプが似合うはず。

以上3機種、僕の妄想にお付き合いいただき、ありがとうございました。レコーディングではきっといろんなギターを弾いているとおもいますが、TVやライブでも今後いろんなギターを持ったあいみょんを見れるんでしょうね。楽しみですね!!

さいごに

あいみょんは「キノコ嫌い」だそうです(笑)僕もキノコは食べられませんので、勝手に親近感を覚えています。若くして成功した彼女ですが、これからも自分の信念のままに音楽活動を続けて行って欲しいですね。

独特な歌詞の世界観と、力強い声は天性のものだと思います。ライブ動画を見てもわかりますが、本当に歌が上手です!これから弾き語りを始めるビギナーの目標になっていくようなアーティストですね^^

あなたにおすすめの記事はこちら
➡「あの人のギターシリーズ

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■あの人のギター
-

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.