部屋の音漏れ対策と防音グッズ 大きな声で弾き語る環境づくり

更新日:

場所を選ばず練習できるギター弾き語り。あなたの練習場所も自分の部屋がメインですよね。

自分の部屋で練習する場合、どうしても気になるのが他の部屋への音漏れや近所迷惑。普通の一般住宅は室内での楽器演奏を想定していませんので、当然扉の隙間等から音が漏れます。隣の部屋との壁が薄ければ、振動でも音が伝わります。

こっそり練習したいわけじゃないけど、あんまりガンガンに響くと練習しにくいな、と思ってることでしょう。相手が家族や近隣住宅では気まずいですしね。そこで自宅で手軽にできる防音を考えてみましょう。

弾き語りの音漏れ対策 防音方法について

防音マメ知識

防音には遮音吸音という考え方が必要です。

遮音とは、音が壁などを通過させないこと。吸音とは、音を反射させないことになります。この2つを対策することで防音効果は高まります。

遮音に関しては、遮音シート等を壁に貼るような対策が一般的のようですが、費用も手間もかかります。ちょっと”手軽に”とはいきませんね。レコーディング等で、窓の外からの音をなるべく遮断したい時には考えなくてはなりませんが、弾き語り練習の音漏れ対策には、吸音対策を進めましょう。

音の反射を抑える

吸音=音の反射を抑えること。市販の吸音材を壁中に貼ってしまえば効果は得られますが、まずはお金をあまりかけずにチャレンジしたいですよね。実際に身近なものでできるのでしょうか?

効果があると言われている簡易的な吸音方法は以下の通り。

  • 紙製の卵パック
  • カーテン
  • ソファー
  • 段ボール
  • 絨毯    等々

これらが簡易吸音によく使われる素材です。卵パックはよく聞きますね。しかし、段ボール同様、部屋の見た目を損なうことになります。友達を呼んだら部屋中が卵パックだったら「うぉ~ッ!!??」ってなりますよね。音楽をやっていることを知らない相手なら気まずい空気が漂うことになります。

カーテンならば、見た目も効果も期待できますね。最近は遮音効果のあるカーテンもありますし、種類も豊富。可能ならば出入り口にカーテンを1枚設置したいところ。また、床には絨毯を敷き、天井には布を止めることで、音を直線的に反射させないよう工夫できます。

布であるカーテンは音を反射させない効果により、音漏れを防ぎます。カフェ等の天井に布が止めてあることがありますよね。見た目もお洒落ですが、吸音効果もあるんです。自室にも応用できそうですね。

戸やドアには隙間テープ

扉や窓の隙間には隙間テープを使用します。扉の形状が引き戸の場合は隙間テープは効果が期待できそうです。両面テープで貼るだけ(しかも安い)なので、手軽さではベストです。

>【 メール便 可 5個まで 】 ファースト すき間テープ モヘア #2500 6060 6mm × 6mm × 2.5m [ テープ シール 隙間 すきま 部屋 トイレ ふすま 省エネ 節電 ]

価格:420円
(2017/2/12 07:15時点)

長さや幅の種類も豊富ですので、自室の扉に合うサイズが選べます。

 

>隙間テープ ドア下部シールテープ ( 冷気 すき間テープ )

価格:498円
(2017/2/12 07:18時点)

またドアの上下の隙間に対応したテープもあるようです。ただ、ドアに直接貼ってしまうので、将来剥がすようなことがあれば、扉の木目プリントが一緒に剝がれるかもしれません。色味も扉に合うものがあるか微妙なところです。

アコギの音量調整グッズ

アコギの構造は非常にシンプルです。弦を弾く音をボディで響かせ、サウンドホールから出しています。出口が一つなんですね。この出口を塞いでしまう方法と、弦の響きを抑える方法があります。

詳しくは下記の記事にまとめましたのでご覧ください。

消音グッズ
アコギの夜間練習におすすめ!ギターの消音グッズで近所迷惑対策

アコギの消音グッズの紹介。ギターの音で他人に迷惑をかけないことはギタリストのエチケットです

続きを見る

小声で練習することのデメリット

ライブに出演するようなアーティストは、本番を想定して練習しなければあまり意味がありません。

練習時に近所迷惑を気にして小声で歌っていては、本番のライブで大きな声が出るわけがありません。大きな声で歌えばいいというものではありませんが、声量の余裕を持つためにも、日頃の練習環境をすこしでもライブ環境に近づけたいところ。

また、小声で練習するとノドで歌ってしまうケースがあります。歌は腹式呼吸で歌うと良いとされています。しかし小声で歌うことで声量を必要としないため、腹式呼吸を覚えないまま、自分の歌い方が確立されてしまう恐れがあります。

歌うには腹式呼吸が絶対というわけではなく、胸式呼吸と腹式呼吸両方使うのですが、腹式呼吸をマスターしていないと「音程が安定しない」「声量が出ない」「ロングブレスで歌えない」などの弊害がありますので注意が必要です。

大きな声で歌うことを意識して練習出来れば、腹式呼吸が自然と身に付いたというシンガーも多くいますので、できるだけ部屋でライブに近い声量で歌えるとベストですね。(日本の住宅事情では本当に難しいことではありますが・・・)

自宅でどうしても防音対策が出来ない場合は、やはりカラオケ店を使うのがおすすめです。僕もアコギユニットでの練習はいつもカラオケを利用していますよ!安くて飲み物まで付いてお得ですよね^^

ギター弾き語りの練習に最適!?カラオケボックス利用

カラオケボックスは弾き語りの練習に最適!

続きを見る

防音吸音を一気に対策する究極商品

本気で自宅に練習環境を入れたい!ということになると、コストはかかりますが最適な商品があります。


簡易吸音室 ライトルームプラス LLサイズ

自宅用防音室です。サイズや楽器別で色々種類がありますが、20万円程度の予算が必要になります。かなりゆとりのあるサイズになると100万円近くしますので、プロ向けの設備です。吸音してるので、音の反射が無く、かなり歌いにくいとは思いますが、ライブ並みの声量・音量で練習できますね。

カラオケに練習に行く時間すら惜しい!!その移動時間をすべて音楽に充てたい!!という方向けの商品です。意外と売れているようでびっくりです。

僕は自宅を建てる時に部屋を防音仕様にしましたが、借家だったらこういう据え置きの防音室を買ってたかもしれません。

さいごに

防音室が合ったらどんなにいいだろう・・・部屋でしっぽり弾き語っている日本中の弾き語リストが感じていることでしょう。

無いものは無いので、今できること=吸音にチャレンジして、少しでも歌いやすい環境を自分で構築します!部屋の中で手をたたいてみて反響音が小さくなれば効果がある、ということですので確認時に試してみてください。

また、部屋で録音する場合にも、無意味な部屋鳴り(反響)を防ぐために、部屋はなるべく吸音されていた方が良いです。部屋鳴りを上手く使って作品に活かすのももちろんアリです。

カーテンなどの布製品は、部屋の中からの音漏れを防ぐと同時に外からの騒音も軽減できます。一度遮音カーテンなども検討してみてはいかがでしょうか。

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■音楽全般

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.