ピックを落とす方におすすめ!アコギ弾き必見の指から離れないピック

更新日:

私、ピック苦手なんです・・・落としちゃうから( ノД`)

ピックは形・材質色々ありすぎて、どれが自分に合っているのかわからないし、どのくらいの力で握ったらいいかもわかりにくい。慣れるまでにギターのサウンドホールに落としてしまったことがある方は多いんじゃないでしょうか?

ピックを落としやすいあなたに、指から離れないピックを紹介しちゃいますよ!

ピックを落としちゃう人に!サムピックのすすめ

ピックを落としちゃう人には、親指にはめて使うサムピックという種類のピックがおすすめです。サムピックも数年前から種類が増え、アコギストに良く使われているティアドロップ(涙の形)のピックタイプのサムピックがラインナップされています。

このティアドロップ型のサムピックは、今お使いのピックから乗り換える際に、最小の違和感で移行できると思います。

”サム”は親指という意味で、親指にはめて使うピックのことです。

実際にはめてみると、普通のピックに近い感覚ではめられます。

こういう形のサムピックは”POPピック”というモデルでしょうか?(僕は聞いたことないけど、書いてある^^;)これなら、演奏中に落としてサウンドホールに入れてしまうという事故も減るのではないでしょうか。

弾き語りする方で、このタイプのサムピックを使っている人をあまり見かけませんが、これから自分に合うピックを探してる方は、試してみる価値はあると思います。

このタイプのサムピックは落としにくいことのほかに、コードストロークでもアルペジオ(指弾き)でも即座に対応できるというメリットがあります。

普通の指で持つタイプのピックだと、ストローク中に指弾きに移行する場合、ピックと指両方使うか、ピックを手の中に握り込んだりして指をフリーにする必要があります。その点でサムピックはピックが指に張り付いているため、ストローク⇔指弾きの行き来に優れていますね♪

通常のサムピック

ちなみに、↑上記の写真が昔からあるサムピックのタイプ。正直使いづらくて(指にはめると違和感がすごい)僕も敬遠してました。形状も普通のピックと違って尖っている製品が多いので、これをはめて弾けるようになるのに一苦労・・・すぐに使わなくなっちゃうんですよね。

このタイプのサムピック、あまり人気がないのか知られていないのでしょうか。作っているメーカーが限られるのであまり選択肢がありませんが、メーカー別にいくつか紹介しておきます。

おすすめのサムピック(POPピックタイプ)

1.キクタニ

材質がプラスチック(樹脂)製のものとべっ甲のタイプがあります。
これは好みですね。材質はギターの音質や弾きやすさに関わってきます。

2.Jim Dunlop

材質は樹脂製ですのでツルツルしてますが、指にはめられるので落とす心配なく使っています。ちょっと大きめで握りやすいです。

3.K.YAIRI

こちらも材質は樹脂べっ甲があるようです。材質が同じなら色やデザインで気に入ったものを探せばいいと思いますが、メーカーによって、指にはめたときのピックの角度が若干違ってくるかもしれません。角度の違いは弾きやすさに影響しますので、一番しっくりくるものを選びたいですね。

4.クロサワ楽器

山崎まさよしモデルのオリジナルピックです(材質は樹脂のようですね)。ちょっとほかのメーカーのサムピックとはめた時の角度が違って、僕は馴染めませんでしたが、これいい!!という方が意外と多くて、最初からチャレンジするならこういうモデルもアリかなと思います。以外にしっくりくるかもしれませんよ!

※ピックの暑さを選べるメーカーもありますので、注文の際は注意が必要です。

サムピックマスターの動画紹介

1.トミー・エマニュエル

アコギの神様:トミー・エマニュエル御大も使っていますね。
(彼はPOPピックのタイプではなく、普通のサムピックのようですが。)

いつ見ても超絶ですね^^;サムピックを使った演奏は、ストロークと指弾き、そしてピック弾きと縦横無尽にかけめぐる感じです。

2.ジョー・ロビンソン

トミー・エマニュエルの愛弟子:ジョー・ロビンソンもよくサムピックを使いますよ♪彼はエレキ&アコギ両方でサムピックを多用してますね。

さいごに

落としちゃうからピックは苦手!という方に、ぜひお試しいただきたいサムピックの紹介でした。

よくピックを落とす方は「握力が弱い」と思い込んでしまうものです。しかし、ギター演奏に置いて両手とも、極力リラックスした状態で弾けるのがベスト。握力を鍛えてガンガンに力をかけてピックを握るのは間違いなんですよ^^

それよりも、リラックスした状態でスムーズに指や手を動かせるような工夫が大切ですね。上記で紹介したPOPピック(サムピック)があなたの救世主になるかもしれません!楽器屋さんで見つけたらぜひ一度試してみてください。

あなたにおすすめの記事はこちら
➡「ギターピックの選び方 初心者こそ色んな素材・厚さ・サイズを試すべき

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■ギターについて
-

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.