左利きでも右利き用ギターで始めた方が良い理由【利き手は乗り越えられる】

更新日:

左利きのあなたは、右利き用のギターでギターを始めた方が良いのでしょうか?

左利き用のギターも、エレキ・アコギ問わず種類は増えてきました。しかし、右利き用ほど数もありませんし、大きな楽器屋さんでなければ置いてない所も多いですよね。

僕の見解としては、これから始めるのならば、左利きの方でも右利き用ギターで始めると良いと考えています。その理由を解説します。

左利きでも右利き用ギターをおすすめする理由

左利きのあなたの心配は「右利き用ギターを買ってしまって、本当に弾けるようになるのか」ですよね。

ギターを弾く上で利き手が逆になると、アルペジオやストロークを利き手じゃない方で、コードを押さえる手は利き手、とうことになります。ここがスムーズにいくかどうかが一番のポイントですね。

利き手はギターの障害にならない

左利きでも右利き用ギターを使っているギタリストは、たくさんいます。昔はそれこそ左利き用ギターが手に入りにくかったですから、やむを得ず右利き用ギターでギターを始めたのでしょう。

たとえば、ロック界のレジェンド・故ゲイリー・ムーアは左利きの右用ギタープレーヤーです。彼は「ジャズギタリストにも匹敵するピッキングテクニック」などと言われ、利き手の問題を超越したセンスを見せています。

左利きの人が右用ギターを使う場合、ピックを持つのは利き手じゃない手です。しかし、弦を押さえる手は利き手。これはデメリットではなくメリットです。ギターは右手のピッキングと、左手の押弦のタイミングがバッチリ合わないと、正確な音が出ません。少しでもズレると音がブツブツ切れたり、ミストーンとなります。

この点で、左利きの人は押弦する手が利き手になりますから、弦を押さえることに関しては右利きより有利ですね。

ギターをこれから始めるのならば、左利き用ギターで始めても、右利き用ギターで始めても習得する難易度はそれほど変わらないはずです。要は「慣れ」ですからね^^

右利き用ギターの方が圧倒的に数が多い

左利き用のギターは探すのが大変です。気に入ったモデルの左利き用がラインナップに無い場合も多いです。お店に左利き用ギターを探してもらうと割高になる可能性もありますね。

昔から左利き用のギターは作られてはいましたが、左利きの人でも右利き用ギターで始めることが多かったようです。前述のように利き手の問題は、ギター習得に置いて大きな障害にはなりにくいですしね。何が何でも左利き用ギターじゃなきゃ!という理由が無ければ、玉数の多い右利き用ギターから、好きなギターを選んだ方が選択の幅が広がります。

ちなみに、、、
右利き用ギターを左利き用に改造することはできます。ナット・ブリッジサドル・ペグを逆にすることで右用ギターの弦を左用に張り直すことができます。単に弦を逆に張れば良いというものではありませんので注意が必要です。無改造では弦が張れないか(1弦用のペグを6弦が通らない、ブリッジサドルやナットが逆)、張れてもチューニングが合わないでしょう。ギターを壊すことになります。改造は当然プロショップで!

ギター教本のほとんどは右利き用

ギターの教本や教則ビデオは、そのほとんどが右利き用の内容になっています。左利きだと向きが逆ですので、特に教本は見にくいでしょうね。特にコード譜(コードを押さえる位置が書いてある譜面)はやっかいでしょうね。

ビデオだと、鏡に映った自分を見るように学べますので、逆にわかりやすいかもしれません。ギターを教える方は混乱しますが^^;

左利きの人が賢いと言われるのは本当

世の中では「左利きは賢い」と言われています。

これには科学的に根拠があって、左手や左足を動かす時、脳では「右脳」が使われるんですね。右脳派とか左脳派って聞いたことありませんか?

右脳はセンスや運動神経を司る場所と言われていますので、普段左手を使っている人はギターにおいても勘が良いんですね。個人差は当然ありますが。

また、世の中の道具(ハサミやペン)などは基本的に右利きが想定されていますので、左利きの方は必然的に右手で使うことを強制されます。これが日々のトレーニングとなって、「両利き」に近い方もいますよね。ですので、”左利きは賢い”となるんでしょうね。

「賢い」=頭が良い、とは違いますので、勉強ができるとかそういう類の話ではありません。

左利きの方は、それを嘆くのではなく、むしろチャンスだと思ってギターにチャレンジしてほしいと思います。

左利きだけど右ギターで弾いている世界のトッププロ

僕の知る限り(エレキギタリストばかりですが)、左利きながら右ギターで弾くトッププロを紹介します。

大音量注意です!!

キコ・ルーレイロ

アングラ~メガデスと華やかしいキャリアを築いているブラジル人ギタリスト:キコ・ルーレイロ。彼も左利きであることは有名です。 メタルジャンルですので超絶な速弾きを得意としますが、左利きを感じさせないプレイですね。むしろ効き手でフィンガリングしてるので、良いのかも?!

スティーブ・モーズ

言わずと知れたディープ・パープルの現ギタリスト:スティーブ・モーズ。ピッキングもフレージングも独特で、好き嫌いが分かれるギタリストでしょう。僕はかなり好きです^^

彼もロックギタリストらしく速弾きプレイを連発しますが、まったく利き手を問題としない流麗なプレイですね。

マイケル・アンジェロ

ご存知!曲芸ギタリスト(失礼!?)のマイケル・アンジェロ先生です。もう完全に両利きですね。そのスタイルから「曲芸」などと揶揄されることが多いんですが、海外ではすさまじい人気で、「影響のあるギタリストランキング」とかでは毎回ランクインしているトッププロです。

ピッキングがうますぎてミストーンが一切感じられません。もともとが左利きでもここまで磨き上げることができるんですね!

さいごに

僕は右利きです。何の先入観も無く右利き用ギターでギターを始めました。20数年弾いてきて思うのは、「右利きの自分が、左利き用ギターを弾いていても、最初からなら弾けるようになっただろうな」ということです。

ギターってやっぱり慣れなんですよね。ギターの弾き心地ってこういうもんだ、と思って弾けば、どっちの手でコードを押さえようが、ピッキングしようが変わりません。そういうものだと思って始めるのですから。

これが、「右用で始めたけど、やっぱり私は左利きだし、左利き用ギターに戻そう」とかになってしまうと大変だと思います。一度インプットされた頭の中をリセットするのですから。

もし左利き用ギターを楽器屋さんで試すことができるのなら、事前に右用・左用それぞれ触ってみると良いですね。「どっちでもいけそう」「やっぱり左利き用ギターの方がしっくりくる」など、直観が働くかもしれませんよ^^

あなたにおすすめの記事はこちら
➡「弾き語りのコツ まとめ

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■ギターについて

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.