iPadの音楽利用方法を考えてみた。何に使えるの?どんなことができるの?

iPadで色々やるぞー!!と意気込んで買ったものの、電子書籍読むだけのタブレットになってしまっている。。。

そんなあなたにおすすめのiPad音楽利用法をまとめてみました。「部屋のオブジェ」的な時間の増えてしまったあなたのipadを復活させませんか?

iPadの音楽利用方法 何に使える?何ができる?

iPadは「タブレット」という仕様上、使い方が限られます。いわゆるタッチデバイスですので、指で触れる動作のみで完結する作業や何かを表示するに向きます。その辺りを鑑み、iPadをどんな風に利用すれば、音楽的に使えるのか考えてみました。

1.譜面として利用する

弾き語りアーティストの僕が、最初に考えていたiPad利用方法が「譜面」としての利用でした。僕は普段、譜面台に紙の譜面(コード譜)を置いてライブ活動しています。カバー曲やらオリジナル曲やら数十曲を印刷してまとめてあるファイルですね。これ、便利なんですがすぐにボロボロになりみっともなくなります。

そこでiPadを譜面代わりに使いたいなと考えました。シンプルで何曲でも入るため、譜面代わりに最適と考えました。実際、譜面の代わりになり得ます。そういう使い方をしているアーティストもたくさんいますね。

ただ、、、9.7インチのタブレットじゃ僕の目には小さすぎましたorz もうちょっと文字を大きくしたい・・・でも大きくすると1画面に譜面が入りきらずに1ページ表示できない。。。そんな葛藤がありましたが、iPadのページをフットスイッチでめくれる機器があるんですね!びっくり!!これなら1曲が数ページに渡っても怖くないですね!

ライブのセットリスト順にページをめくっていくなんて使い方も出来そうです。

IK Multimedia iRig BlueTurn

他にも演奏者の動きに応じて(首を振るとか)ページをめくってくれる楽譜ソフトもあるようですが、、、お客さんから見たらどんな動きなんだろう??

2.ライブ配信に利用する

ツイキャス等のライブ配信をスマホでやられる方、多いかと思います。スマホでやってみるとわかるんですが、文字が小さくてコメントが非常に読みづらい(笑)その点でiPadは9インチありますからスマホのおおよそ4倍以上。この差は大きいですよね。

配信用にわざわざiPadを買うほどではないですが、せっかくiPadをもっているのなら配信にも使いたいですね。iPadならスマホ同様場所を選ばず配信できるのが大きな魅力です。

また、iPadには外部マイクを繋ぐことで高音質配信が可能です。音楽家にはありがたいオプションですね!

ZOOM ズーム MSステレオマイクロフォン iQ7

3.DAWのコントローラーとして利用する

こういった使い方が出来ることをしらないユーザーが多いようですが、iPadはDAW用の外部コントローラーとして利用することができます。タッチパネルならではの使い方ですね!

iPadをDAWのコントローラーとして利用するためのソフトは通常お使いのDAWのメーカーから無料で配布されています。

引用:PreSonus Studio One

僕はstudio one専用ソフトをiPadにインストールして、こんな風にPCの片隅において使っています。フィジカルコントローラーの代わりにもなっちゃうんですね。便利~^^

4.読書に利用する

iPadを購入前には読書に利用することは想定外でした。というのも僕はAmazon Kindleを2台持っていたからです。しかしながらiPadって文字が非常にきれいで読みやすいんですよね。いろんなタブレットを使ってみるとわかるんですが、文字の読みやすさはiPadがNo.1です。

ということでiPadで電子書籍を読む機会がすごく増えました。Amazon Kindle Unlimitedに加入していると、月々980円でコミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上が読み放題になります。スマホやPC、タブレットでそれぞれシームレスに読書が可能で、非常に重宝します。

読み放題対応の音楽系書籍もたくさんあるんですよ^^

月々980円読み放題なので、1冊読むだけで元が取れます(笑)

5.シンセサイザーとして利用する

iPadをシンセサイザーとして利用する方法もあります。。。が、僕はこれで失敗しましたのであまりおすすめではありません。

というのも、シンセとして利用するにはそれなりにスペックが必要なんですね。僕は第6世代の、いわゆる無印というiPadを買いましたが、このiPadではsampleTankという有名なシンセは音がプツプツきれてうまく使えませんでした。

まぁこの無印iPadでは、そういうハードな使い方は想定されていないんでしょうね。iPad Proのような高性能モデルであれば問題なく動いたかと思います。そもそもシンセ利用を考えてキーボードも買ってしまっていたので、この点は残念でした。うまく音が鳴るときもあるんですが、音を変えたりするとプツプツと鳴り出し、、、さすがにこれは使えんなとなりました。

実際にプロのミュージシャンはステージでiPadを使ったりしますが、さすがにエントリーモデルのiPadは使ってないでしょうね^^;

引用:IK multimedia sampleTank

6.音楽アプリ利用

app storeには有料・無料含め膨大な数の音楽系アプリがあります。ギターに関するものだけでも相当数です。ただ、、、アプリの品質は??なものばかりですね。アプリでギターがうまくなるとも思えないし。使えるとしたらチューナーくらいかな?

なにか音楽系で有用なアプリがあれば教えてくださいね~ノ

さいごに

ということで、僕なりにiPadの利用法を考えてみました。実際に僕もコントローラー、読書にはかなり使っています。あと、このサイズならbluetoothのキーボードがあればブログも書けるな~などと、新しいiPadの利用法に夢を膨らませているところです。

僕は今まで食わず嫌いでApple製品を使ってこなかったため、今回のiPad購入で、なぜクリエイターがこぞってAppleを使うのか分かった気がします。ただのパフォーマンスじゃなかったんですね(失礼!)本当に気持ちよく使える製品だったのです^^

iPad、こんな使い方があるよ~というメッセージもお待ちしています。

Apple iPad (Wi-Fi, 32GB)

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■機材について
-

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.