咳が出て歌えない 長く続く咳の原因と自分で出来る対策

更新日:

何カ月も咳が止まらない。歌い出すと咳き込む。声を張ると咳が出そうで怖い・・・など、咳は本当に厄介なものです。あまり長引くと「病気かも」と心配になりますよね。

僕も以前、数ヵ月も咳に苦しめられた経験があります。そして今、身近なミュージシャンが同じ症状に見舞われ苦しんでいます。咳が出て歌えない時の対処法を調べてみました。

長く続く咳の原因

咳は気道が刺激を受けた時に出るとされています。何か吸い込んでしまったり、たんが絡んだり、喉に炎症が出来た時などですね。長く続く咳が出る場合は、たんがあまり出ずに「空咳(からせき)」のように乾いた咳が出るのではないでしょうか?

乾いた咳が出るケースを調べてみました。

百日咳(ひゃくにちぜき)

百日咳は従来赤ちゃんがかかりやすい病気とされていましたが、近年では成人でもかかる割合が増えたようです。ミュージシャン仲間で咳が続いている人を見ると「百日咳じゃないの?」などとからかっていましたが、あながち外れていないのかもしれません。怖いですね。

東京都感染症情報センターの情報によると、百日咳は流行する年があるようです。

百日咳の症状

1)カタル期:最初は風邪と同じ症状(鼻水、くしゃみ、微熱)で始まりますが次第に咳が強くなります。

2)咳発作期:カタル期から1~2週間後に特有の咳の発作が出現します。咳はコンコンと立て続けに起こり、最後にヒューと音をたてて息を吸い込むような特徴的なもので、粘稠な痰を出して発作は終わります。咳の発作は特に夜間に多く、平均1~6週間続きます。成人では一般に小児に比べて症状が軽く、このような典型的な咳発作がありません。

3)回復期:咳の発作は徐々に軽減し数週間で咳は止まり、症状はなくなります。学校保健法により、特有の咳がなくなるまでは登園、登校はできませんので、必ず医師の診察、証明を受けて下さい。

引用:渋谷区医師会HP

症状が合致するようであれば、すぐ医療機関を受診ですね。百日咳は感染症ですので薬で症状を軽減できるようですが、”百日”の名の通り、咳が出始めて直るまでに3カ月程かかるケースが多いようです。大人が重症化することはなさそうですが、たかが咳とはいえ侮れませんね。

咳喘息(せきぜんそく)

風邪を引いた後残ってしまった咳がいつまでも治らない・・・そんな症状は咳喘息が疑われるようです。咳喘息は気管が刺激に敏感になり咳が出やすくなる病気で、咳が長引く人が多いのが特徴です。

咳喘息の症状

 咳喘息にかかると、一カ月以上、空咳(からぜき)が続きます。ひどい場合は咳が一年以上続くこともあります。ただし、喘息に見られるゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難はありません。また、発熱や痰(たん)などの症状はほとんど出ません。
夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが特徴です。のどにイガイガ感を伴うこともあり、長話をした際、のどが渇いたり枯れたりもします。咳の発作が激しい場合は、胸の痛みを感じたり、嘔吐、失神したりすることもあります。
咳喘息は、喘息の前段階ともいわれています。咳喘息を放置すると、本格的な喘息に移行してしまうことがあるので、そうなる前に正しい治療をし、健康管理を続けることが大切です。

引用:マイクリニック

上記のように、空咳が続き苦しい期間が数ヵ月続きます。

風邪薬は効かないようで、気管を拡張し咳を出にくくする治療があります。長い通院になるケースも多いのがこの咳喘息の特徴です。僕が数年前にかかったのも咳喘息。咳が3カ月以上続いた時には本当にもう治らないんじゃないかと思ったものです。

幸いにも、通院することなく自然と咳は治りましたが、歌っているときの「また咳が出るんじゃ・・・」という不安感は恐ろしかったです。

血たんが出たら要注意

調べていて怖くなったんですが、咳が出る時のたんに、血が混ざるようになると要注意です!肺がんなどの病気が疑われますので、一刻も早く医療機関へ出向いてください。

また、調べていると、血たんでなくとも「結核」や「肺炎」という恐ろしい病名がちらほら出てきました。咳が長びくという状態は「健康で無い」ことのメッセージです。不安な気持ちをかかえて過ごすより、自分の体が今どんな状態になっているのか、確かな機関で検査してもらいましょう。たとえ病気だったとしても、原因がわかると安心できますし、治療法はあります。

なんだかわからないけど、咳が出続けるというのは恐怖ですよね。かといって熱も無いのに病院に行くのも気が引けるし面倒だ・・・そんなこんなで数ヵ月あっという間に立ってしまいます。「あの時病院に言っておけばよかった」とならないようにしたいものです。

咳外来は何科を受診するの?

「咳が出る」というだけで病院を受診する場合は、何科へ行けばいいのでしょうか?

病院に直接電話で聞くのが一番早いのですが、喉の病気は咽喉科(いんこうか)、口腔科(こうくうか)が専門ということです。気管となるとメインは咽喉科になるでしょうね。

まずは、病院に症状を電話で話して、何かに行くべきか案内してもらいましょう。

咳を抑える 自分で出来る方法

咳にはマスクや加湿器は有効とされています。風邪の時にとる対策が効くんですね。

その他で自分で気を付けれらる項目を上げてみましょう。

たばこの煙やホコリ等に気をつける

自分で吸うのはもっての外。たばこの煙は気管を直接刺激します。他人の煙でも喉へのダメージはありますので、煙には近づかないことが大切になります。

同じ理由でホコリ(ハウスダストや花粉等も)も喉を刺激し、咳の原因となります。自宅がホコリっぽい場合は空気清浄機が欲しいところですね。

飲酒は控える

お酒に含まれる成分が、気道を狭め咳を出やすくするそうです。お酒は体が温まって咳に効きそうな気がするのですが、逆効果なんですね。酒好きな人でも咳が治るまでは断酒したいものです。

寒暖の差に気を付ける

人間は気温の変化に敏感です。暖かい部屋から急に寒い外に出るなどの寒暖の差は、喉を刺激し咳が出る原因となるでしょう。冬に出かける時などは、マフラーなどでの喉の保護は必須です。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めないというのは非常に難しいことですが、ストレスも気管に作用するそうです。「咳が治らない一番の原因はストレスだった」なんてこともあるかもしれませんね。

ストレスによって引きおこる病気は数知れません。ストレスを溜めるな!という方が難しいことですが、ストレスの発散方法を1つ2つ持っていたいものです。

さいごに

咳が出て歌えない、という状況になって初めてわかる健康のありがたさ。健康であるときには病気になることなんて想像できませんから、なかなか健康を維持することはできません。

人は病気と回復を繰り返して学習していくものですが、できるだけ病気にはかかりたくないですね。いつまでも元気に音楽をやるために日々できる備えはしていきたいと心を新たにしました。喉、お大事に~^^

あなたにおすすめの記事
➡「歌う前の飲み物の注意 喉に良いおすすめのドリンク

Twitterで記事の更新と弾き語りに関する耳より情報をお知らせします☆

当サイトはWordPressテーマ「Affinger5」を使用しています。

カテゴリー

  • この記事を書いた人
アバター

Y.Tamai@C4M

たまいやすゆき/1980年生まれ。ギター歴30年/弾き語り歴17年。サラリーマンでエンジニアをしながら、「たまいよーすけ」名義のアコースティックユニットで年間20~30本のライブを継続中。◇プロフィール詳細◇ライブのご依頼:呼んでいただければ全国どこへでも♪

-■歌について
-,

Copyright© Chord For Me , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.